Ethereum Classicをメタマスクに追加

Ethereum Classicをメタマスクに追加

追加したいネットワークを選択する:

Ethereum Classicは何ですか。

Ethereum Classicは、2016年のDAOハッキングから生まれたEthereumのフォークです。Ethereum Classicは、ハッキングで盗まれた資金を回収する措置を拒否し、「元の」チェーンを継続しました。Ethereum Classicには、Ethashに基づくプルーフ・オブ・ワークのコンセンサスメカニズムなど、Ethereumが過去に持っていた多くの特性があります。 Ethereum ClassicのネイティブトークンはETCです。 Ethereum Classicの詳細については、そのウェブサイトをご覧ください。

メタマスクにEthereum Classicを追加する手順

Ethereum Classicをウォレットに追加するプロセスは、使用しているウォレットによって若干異なる場合があります。以下の手順はメタマスク用です。別のウォレットを使用している場合でも、おそらく同様の手順となります。

1. ウォレットを開き、「ネットワークの追加」ページに移動します。

MetaMask Add Network 1

MetaMask Add Network 2

2. 必要な情報を入力し、「保存」をクリックします。

必要な情報をすべて入力したら、「保存」をクリックすることで MetaMaskにEthereum Classicを追加できます。

Network name
Ethereum Classic
New RPC URL
https://etc.rivet.link
Chain ID
61
Currency symbol
ETC
Block explorer URL (Optional)
https://etc.blockscout.com

また、ワンクリックボタンを使用できるので、必要な詳細情報を手入力する必要がありません。

NotCommon Verified
日本語
日本語