私たちについて

Revoke.cashは、Rosco Kalis氏によって2019年に開発されました。当時、DeFiとスマートコントラクトはまだ黎明期でしたが、積極的に多くの開発が行われていました。プロジェクトに共通していることの1つは、トークンを使用するにはユーザー側で承認をする必要があるということでした。多くの場合、その承認する値は無制限となっていました。当時、一度行われた承認を取り消すツールは確立されておらず、それがRevoke.cash誕生のきっかけとなりました。
Initial Revoke.cash Tweet
はじまりの経緯
Roscoは数年間、Web3分野の様々な企業で働いている間、サイドプロジェクトとしてRevoke.cashをメンテナンスしておりました。しかし、ここ数年でweb3分野は急成長し、適切なセキュリティツールを利用する必要性がますます明確になってきました。その為、Roscoは2022年にフルタイムでRevoke.cashに注力することを決めました。それ以来、Revoke.cashのブラウザ拡張機能でRevoke.cashツールセットを拡張し、全面的に刷新した承認のダッシュボードをリリース致しました。
現在Revoke.cashは、Roscoと独立コントラクターによる小さなチームによって管理・開発されており、それは寄付、助成金、スポンサーシップによる資金調達により成り立っています。我々は、Revoke.cashがWeb3のインフラストラクチャとして不可欠なものの一つであると考えています。そのため、当社のツールはオープンソースで無料で使用できるものとなっています。また、持続可能性と独立性も重視しているため、VCによる資金調達やトークンの立ち上げを行わずに、持続可能な収益を生み出すことを目指しています。
Revoke.cashとウォレットセキュリティについてより詳しく知りたい場合は、学習セクションをご覧ください。
NotCommon Verified
日本語
日本語