Revoke.cash ブラウザ拡張機能

多くの場合、フィッシング Web サイトは、NFTのミント、またはその他のユースケースを装いながら、許可に署名させようとします。これらのフィッシング詐欺が発生した場合、被害を軽減するために Revoke.cashの使用をお勧めします。最初の時点で詐欺を未然に防ぐことがより重要となります。

そこでRevoke.cashのブラウザ拡張機能の出番です。この拡張機能は、許可に署名しようとしているときにポップアップし、許可することの詳細を通知します。これにより、悪意のある許可への署名を防ぐことができます。

Extension: Unexpected Allowance

この拡張機能では、OpenSeaやLooksRare等の人気のマーケットプレイスに出品しようとしている商品や、ハッシュに署名しようとしているときも通知してくれます。これらのハッシュは、X2Y2などの特定のマーケットプレイスでNFTをリストする際に使用されます。

よくある詐欺は、フィッシングサイト上でユーザーを騙して、ガス代無しの署名に署名させ、ユーザーのNFTを盗めるようにすることです。OpenSea、LookSare、X2Y2、Uniswap、Blur等の公式ウェブサイトは、これらのアクションをアローリストに登録しているため、Revoke.cashのブラウザ拡張機能を使用してもフローを止めることができません。

Extension: Unexpected Listing

拡張機能の設定で、カテゴリ毎の警告のオンとオフを切り替えることができます。

Revoke.cashのブラウザ拡張機能は、Ethereum、Polygon、Avalancheを含む全てのEVMベースのネットワークで動作します。